愛知で出張洗車やってます!

愛知県全域のお客様のところにお伺いして洗車してます。

欲が出る(デットニングの解説)

「ケチケチカーオーディオ取付け大作戦」は、作業自体は全く手を付けていない状態で、妄想ばかり膨らんでいる状態です。

「デットニング」という作業を手始めにと考えていましたら、妄想しているうちにどんどん欲が出てきまして、「デットニング」なんかやめて、スピーカーの箱自体作ってしまえ、なんて妄想がどんどん違うほうへ、行ってしまっています。

「デットニング」について少しだけ解説させてください。

車を購入の際、カーオーディオ及び、カーナビに組み込まれているオーディオは今はほとんどが標準装備ですが、基本オプションと言いましょうか付属品程度ですので、無くても車は走ってくれますので、ぼちぼち使えればいいでしょう・・・くらいの最初についているのはその程度です。(高級車は違いますよ)というのも、もともと車の中でのオーディオ視聴は、走行中のエンジンのノイズや、タイヤの転がり音、様々な環境ノイズと、あと車の室内の形状や、座席の配置や大きさ、スピーカーが設置できる限られた場所などを踏まえると、適していない状態といえます。

なので、オーディオマニアの方が、自宅のリスニングルームで使うようなオーディオ機器を車に設置したとしても、そのスペックをフルに発揮できる環境下ではない、むしろ悪化させてしまいます。

そんなわけで、車メーカーも、車の剛性や運転に支障をきたすような、そこまでを犠牲にして、オーディオ環境を整えませんので、車の優先順位として一番下、とりあえず、違和感なく聴ければ・・・それで車としてはOKとなります。

そうすると、音にうるさい方にとっては、物足らないわけでして、出荷時の車の状態より、ちょっと手を入れるだけで、もう一段階、音を良くすることができる方法の一つが「デットニング」という方法です。

まだまだ、話が長くなりそうですので、これは次に続くということにさせてください。

ちょっと理屈っぽい話で申し訳ございません。

ネタがないもので・・・。

 

ポチッとしてくれたらうれしいです

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
にほんブログ村

BingoCars ランキングバナー