愛知で出張洗車やってます!

愛知県全域のお客様のところにお伺いして洗車してます。

この時期の車のボディはひどいもんです

春まっさかりというこの時期、日中は初夏を思わせるような気温になるかと思えば、朝晩はまだ肌寒かったりします。

杉花粉の時期は過ぎたみたいですが、まだ松の花粉、黄砂と大気には粒子が飛び交っています。
特に、杉花粉の時期より今のほうが、粒子が飛び交っている量は多いと思います。
春はこうした様々な粒子が飛び交っていて、車のボディを汚します。

粒子がボディの表面にのりそこに微妙な雨が降りますと、写真のような汚れ方をします。
皆様のお車もこの時期はこのような汚れ方をしているのではないでしょうか?

注意しなけれなならないのは、こうした花粉などの粒子が付着した状態で微妙な雨に降られ、そして濡れた状態のままで、日光の当たる日なたに車を置いて放置しておきますと、雨ジミ、ウォータースポットの原因になります。
特に写真のような黒に近い濃い色をしたボディは要注意です。
高いコーティングを施してあるから大丈夫ということはなく、いくら高級なコーティングが施してあるにせよ、ウォータースポットは出来てしまいます。親水性のものでもダメです。

綺麗なボディにただの水分がついて日光があたったというのであればコーティングの威力も発揮できるでしょうが、花粉などの粒子が付着した状態からついた水分に関してはウォータースポットは防ぎようがありません。

それほど自然の力はすごいです。

現実的に、粒子がついたらすぐに洗車なんてことはできないかと思いますが、せめてご自分で洗車する場合は、日の当たる場所で、ボディに粒子がついた状態で水をかけたまま別な作業をして放置するような洗車の仕方はしないでください。

できれば日陰か曇りまたは日が暮れた夕方の時に、ボディを濡らしたら、乾き始める前にすぐ水分を拭き取るようなやり方をしてください。部分部分で、数カ所に分けて洗うのがおすすめです。
擦らないと汚れは落ちません。ホースの水圧だけで汚れを落とすことはできませんので、スポンジかタオルなどにしっかり水分を含ませて撫でるように擦ってください。そしてすぐ水分拭き取りです。
カーシャンプーなど泡のでる洗剤での洗車は私はおすすめいたしません。
使い方謝ると大変なことになります。
それとカーシャンプで洗うと、どうやら強く擦ってしまう傾向があります。
隙間に入り込んだカーシャンプーが悪さすることもありますので、カーシャンプーを使うには、それなりの知識と技術が必要ですので、使わないほうが無難です。

しばらくは、何もしなくても車が汚れてしまいますが、GW過ぎれば、落ち着くと思います。

久しぶりに洗車のお話をさせていただきました。

ポチッとしてくれたらうれしいです

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
にほんブログ村

BingoCars ランキングバナー