愛知で出張洗車やってます!

愛知県全域のお客様のところにお伺いして洗車してます。

ワックスとコーティング

こんにちは。お車の調子はいかがですか・・・?

前回の記事で予告したとおり、今回はワックスとコーティングのちがいみたいなことを書いてみようと思います。

一般的なイメージとして、ワックスは自分で掛けれるが、コーティングは業者の方にお願いする、そんなイメージがあるのではないかと思います。言葉の使い方も、ワックスは掛ける、コーティングは施工するみたいな、コーティングはワンランク上という感じがしますね。

どちらも共通点は、車のボディを汚れから保護し、ツヤを出して見栄えを良くする、そんなところでしょうか。

成分とかの話は、ワックスもコーティングもさまざまですので、話がマニアックすぎるのでここでは避けますが、どちらがいいのかということになると、私にとっては、どちらも甲乙つけがたいです。

単純に分けるとすれば、ワックスはツヤ、光沢。コーティングは、ロングライフと汚れからの保護。

こまめに手を入れる方でしたら、ワックスのほうがおすすめですし、時間がなくてたまに水洗いくらいしかできないというのであれば、コーティング施工してもらったほうがいいでしょう。

一番いいのは、こまめに手を入れてワックス掛ける、これが一番きれいで美しいです。

ワックスは、雨で流れてウインドウガラスをギラギラさせるとか、一回の雨でダメになるとか、回数を重ねていくと汚れになるとか言われることがありますが、これは昔のワックスだとそういうこともありましたが、今のワックスはそこまでひどい商品はないです。

ワックス選びも人それぞれなので、一概に言い切れませんが、金額的にDIYショップで、売値(定価じゃなくて)が¥1000くらいので日本製のものを選べば、よほど大丈夫かと思いますし、私が個人的にアドバイスするとすれば、撥水、防水系より、ツヤ光沢系のほうがいいように思います。掛け方はここでは詳しく触れませんが、ボディが冷えているとき、日陰で、分厚く塗らないようにして、ワックス拭き取り専用にできているウエスで拭き取れば、普通のタオルで拭き取るよりツヤが増します。

たまにしか手を入れない方に、ワックスよりやはりコーティングをおすすめします。

 これも、種類がさまざまで、決めるとすれば、お財布に余裕があれば、高いほうがいいでしょう。

ポリマー系よりガラス系のほうが高価になりますし、耐久性も高価なガラス系のほうが持ちがいいです。

コーティングで気をつけないといけないことは、前回の記事で書いたように「ノーメンテナンス」を思わせるような宣伝文句や、汚れがつかないと思わせるようなことをうたっているものとかありますが、汚れ、劣化の原因となるものは、ほとんどが自然のちからによるもので、残念ながら人間がどんなにいいものを開発したとしても、自然のちからにはかないません。

潮風にさらされるような条件で車に乗り続ければ、高価なコーティングをしていても車のボディはサビが始まりますし、鳥のフンがついてずっとそのままにしておくと、塗装は痛んできます。鳥のフンの塗装を劣化させる力をバカにしてはいけません。

太陽光による、ボディのダメージも、やはりどんなにいいコーティングをしていても、ダメージはあります。

例えば、雨と太陽光で生じるウォータースポット(雨じみ)を嫌って、親水性のコーティングをしても、水がついて太陽光にあたれば、ウォータースポットはできます。夏の太陽熱で、ボディの鉄板と、塗装面の熱膨張係数の違いで、塗装面はコーティング関係なく痛んできます。

あと、鉄粉、黄砂、花粉、樹液、泥よごれ、など・・。

コーティングしていても、こうして自然のちからによって、さまざまなダメージがあり、完璧に保護できるものではありません。

汚れたら、なるべく早く水洗いでいいので洗って、できれば日陰なり車庫で車を置くようにする。こういうことするとしないとで、コーティングの持ちは全然違います。

それにしても、自然のパワー、どんなものでも、自然に帰すとうか、土にもどすというか、劣化させて自然にもどる働きがあるんだなぁと、しみじみ感じています。

ちなみに、私がお客様に使っているのは、ワックスかコーティングか・・・?これは秘密です。

今日もありがとうございました。

どうか安全運転で。