愛知で出張洗車やってます!

愛知県全域のお客様のところにお伺いして洗車してます。

ヨーロッパ車のホイール

こんにちは。皆様のお車の調子はいかがですか・・・?

今日は、ヨーロッパ車のホイールについて、少しお話してみたいと思います。

ヨーロッパ車のホイールってすごく汚れます。

写真を見てもらうとわかると思いますが、この汚れの原因は、ブレーキダストが原因です。日本車はここまで汚れるのは少ないです。

なぜ、こんなに汚れるかというと、単純に言えば、ブレーキの効きがいいからです。ではあまり汚れない日本車のブレーキの効きは悪いのかといえば、そうではありません。元々想定しているブレーキの使用条件に違いがあるからです。

日本国内で車を走らせる場合は、高速道路で制限速度が100km/hです。速度超過で走っても、180km/hで日本車はスピードリミッターが効きますから(こんなスピードで走ってはいけませんよ)想定的に180km/hで安全に止まれるブレーキ性能で十分なのです。しかし、ヨーロッパ車というのは、制限速度なしの高速道路「アウトバーン」がありますので、300km/hで走っても安全に止まれるブレーキ性能が要求されます。そうなるとレース用並のブレーキ性能になりますし、ましてや運転技術も人それぞれですので、万人が300km/h出して走行しても安全に止まれるブレーキでなくてはいけません。

そういうわけで、ブレーキ性能がいい=ブレーキパッドの減りが早い材質=ブレーキダストがたくさん出る=ホイールが汚れる、といったことがホイールを汚くさせる原因ということでした。

ピカピカにしました。

それにしても速度制限のない道路で、私の母くらいの年齢の方が300km/hで走っていると思うと・・・

想像するとゾッとします。

ちなみに、アウトバーンは速度制限なしで走れるとこと、速度制限ありの部分があるようです。